リストラに備えよう!40代からの資格取得

40代からの資格取得は不動産関連資格が最適!

相変わらずのリストラの嵐、大手では追い出し部屋。
40代にもなると、いつリストラされてもおかしくはありません。

 

ではどうすればいいのか?
資格を取ってキャリアアップを目指すのです。

 

しかし、40才も過ぎると何でもいいというわけにはいきません。再就職に生きる資格でなければいけません。

 

「資格を取ったのは良いけれど、どこにも就職先がない」というのは何としても避けなければならないのです。

 

ここでは40代からでも活かせて、かつ未経験でも通用する資格を厳選して紹介しています。

 

リストラなんぞに人生を振り回されてはいけません。
むしろリストラが新たなチャンスだったと思えるほどの価値のある資格を取って、末永く現役バリバリで働いていこうではありませんか!

 


40代からの資格取得は不動産系資格を狙おう

40代からのお勧め資格は不動産関連の資格です。
何故不動産系なのか?

 

その理由はこうです。

  • 比較的年齢制限が高い
  • 未経験でも採用されやすい
  • 業界自体が大きいので求人が多数
  • 経営者が細かなことにこだわらない
  • これから成長が見込める

それぞれ説明します。

 

比較的年齢制限が高い

 

年齢制限が高いということは、40代からでも採用される確率が他の業界よりも高いということです。

 

不動産会社や建設会社は中規模、小規模の会社がほとんどですが、中小会社は人員が足りてる会社なんてほぼないと言えるでしょう。
営業や技能職なんていつでも募集しています。60代70代の社員がいるのも珍しくはありません。他業界では考えられないことです。

 

定年なんてあってないようなもの。身体の動く限りは、働き続けることが可能です。ですから年齢にこだわらないで採用される確率が大きいのです。
なんと懐の広い業界でしょうか。

 

未経験でも採用されやすい

 

未経験でも採用されやすい理由は業界の規制や体質によります。

例えば、不動産会社では、宅建士資格保持者を従業員5人につき1人置かなければなりません。従業員が20人いれば、4人の宅建士を置かなければいけません。21人なら5名が必要です。
ですから、経験者にこだわっていると人員不足になる恐れがあるのです。

 

もし宅建士が規定の人数に達していないと、行政処分の対象になり最悪、免許の取り消しにもなってしまいます。それほど宅建士数の規定は厳しく設定されているのです。

 

また、こう言っては語弊があるかもしれませんが、コツコツ勉強して資格を取ろうという人が少ないのも事実です。

 

職人気質の人が多いのです。職人気質の人は先の事をあれこれ考えません。その日を精一杯生きるというタイプの人が多いのです。
資格を取って将来に備えようとする人は稀です。

 

こういう体質が不動産業界にはあるので、資格を持っている人には大きく門戸が開かれている業界なのです。

 

業界自体が大きいので求人が多数

 

業界が大きいというのは、従業者も多数必要ということです。
また、震災の復興とか2020年の五輪で、ますます業界自体が成長する可能性があります。すでに人員不足の会社もあり業務に支障が出ているところもあります。

 

再就職を成功させるには、パイが大きいところを狙わねばいけません。最近の雇用では供給が足らなくなってきているのです。
是非このチャンスを逃さないでください。

 

経営者が細かなことにこだわらない

 

経営者が細かなことに拘らないとは、大雑把な経営者が多いということです。(経営者の方すみません。誉めているのです)

 

人間性が気にいれば即採用なんてことも度々ありますし、人を育てようという人情派の社長が多いのが特徴です。初任給も前職の金額を考慮してくれる慣習がありますし、そうでなくても比較的高めです。
再就職の容易さでは、他業界よりは断然いい面があります。

 

これから成長が見込める

 

これから成長が見込めるというのは、多くの方が認識しています。

 

2020年には東京オリンピック、パラリンピックが開催されるし、2025年には大阪万博の開催が決まりました。これらの波及効果で地方まで成長が見込めるという意見も多くなっています。

 

今は繊細一隅のチャンスが到来したのです。このチャンスを逃す手はありません。業界の成長の波に乗ることが再就職を成功させる一つのコツです。

 

まとめ

 

以上が40代からの資格取得は不動産系がお勧めの理由です。
こんなにも職を求めやすいのは不動産業界、建設業界をおいて他の業界にはないことでしょう。

 

「資格と取っても未経験では通用しないのでは?」という危惧は技術系の除き、不動産業界では不要なものです。
必要なのは、資格と一から出直すという熱意です。リストラなんぞに恐れを抱くことなく、将来を切り開いていってください!

 


不動産系資格は比較的容易に取れる

 

不動産系の資格取得をお勧めするもう一つの理由は比較的容易に取れることです。

 

資格には、難関と言われるものがいくつか存在します。合格するまでに数年、なかには十数年もかかる資格もあります。しかし、40歳も過ぎた人が長い年月をかけて資格を取ることができるでしょうか?

 

家庭を持ち、住宅ローンや教育費のかかる人も多いことでしょう。すぐにでも、ばりばりと働かなければならないのです。だらだらと学習している時間なんてないのです。

 

でも不動産系資格は比較的、短期間で取れるものばかりです。

 

人気NO.1の宅建は3〜6ヶ月もすれば簡単に取れることができます。人気高騰中のマンション管理士や管理業務主任者も同程度です。

 

ファイナンシャルプランナーも数ヶ月頑張れば取れます。ファイナンシャルプランナーで不動産部門に強い人はまだまだ少数です。資産家の土地活用などのアドバイザーとして活躍できそうですね。

 

インテリアコーディネーターや建設業経理士も実務経験なく受験できます。

 

このように不動産系資格は、新しい分野に挑戦してみたいという気概のある人には、打ってつけの資格なのです。

 


不動産関連資格は試験内容が重複している!

 

じつは不動産関連資格は試験内容が重複しているものが多くなっています。
つまり、ダブル資格、トリプル資格が取れやすいのです。

 

資格の幅が広がれば、多くの場面での活躍する機会が得られます。

 

例えば、管理業務主任者とマンション管理士、インテリアコーディネーターと福祉住環境コーディネーターなど。

 

試験科目が重複しているものは、できれば一度に取得しておくことをお勧めします。
学習にある程度時間が取れるようでしたら、ダブル受験、トリプル受験にも挑戦してみましょう。

 


不動産資格は他業界でも通用する!

 

じつは、不動産系資格を活かす道は不動産業界だけではありません。他の業界でも活かせる資格が多いのです。

 

例えば、インテリアコーディネーターは、顧客の要望から室内の様々なデザインをコーディネートする仕事ですが、建設会社だけが扱っているわけではありません。
照明器具や家具、壁紙などを販売している小売業でも必要なのです。ホームセンターや家具店などが当てはまりますね。

 

宅建の資格では、金融業や保険業でも通用するのは周知の通りです。
意外なところでは、ファーストフード店やファミレス、コンビニなどもあります。これらの店では、店舗を次々と開拓して成長する戦略を取っているので、必然的に不動産に関する知識が必要となっているのです。

 

このように資格に融通が効くのが不動産系資格です。
この融通の良さが再就職に強力な武器となることでしょう。

 


不動産系資格の選び方

 

不動産系の資格を選ぶ基準は、自身の興味や将来の目標に沿って選びましょう。

 

法律系に興味がある人は、宅建士や管理業務主任者が向いています。
技術屋タイプの人は、インテリアコーディネーターやマンションリフォームマネージャー。事務系の人は建設業経理事務士など。

 

中には難関と呼ばれる資格に挑戦したいと考えている人もいることでしょう。不動産系資格の最難関は不動産鑑定士です。次は土地家屋調査士です。

 

どちらも実務経験が必要になりますが、難しいだけに取得後は安定しています。独立を目指している人にも向いている資格です。

 

そして高みを目指す意欲のある人の最終段階は不動産コンサルタントです。
不動産コンサルタントになるための「不動産コンサルティング技能試験」は、不動産鑑定士か宅建士のみ受験資格が与えられています。意欲のある人は挑戦してみてください

 

このように、ご自身の性格や将来の希望などを織り交ぜながら決めればいいと思います。

 

なお、不動産系資格は、どれも年に1回の試験実施になっています。ですからスケジュール管理をしっかりと立てなくてはいけません。
試験の受け付けも3ヶ月前くらいから始まります。うっかりと受付を逃してしまうと、次は1年後になってしまいます。

 

ご自身の狙っている資格は、いつ試験日なのか、いつから受付が始まるのか、しっかりと把握しておいてください。

 


不動産系資格を取るための勉強方法

 

資格試験合格のための学習方法がいろいろありますが、ここでは通信講座を推奨しています。

 

このサイトで紹介している不動産系資格ベスト5は、どれも簡単に取れるものです。あえて通学しなくても独学で十分に取れるものばかりです。

 

ただ、完全な独学では間違った勉強をしてしまう恐れがあります。何年経っても受からないという人は勉強方法が間違っているのです。

 

この点、通信講座なら間違った方向に行ってしまうことはありません。合格のための正しい学習ができるのです。
また、費用も通学と比べて格段に安くすみます。受講期間も試験日に合わせて設定されている講座があります。

 

もともと40代からは試験学習に時間をかけることができません。費用的にも同じくです。
費用が安くすみ、かつ正しい学習方法を実践できるのが通信講座です。

 


ずばり40代からの不動産系資格ベスト5はコレ!


宅地建物取引士は、3つの独占業務を持つ不動産取引のスペシャリストで不動産系の代表的資格です。
毎年20万人もの人が受験する国家資格最大級の人気資格でもあります。
不動産業界に携わる人には必須の資格と言えるでしょう。

マンション管理士と管理業務主任者は業務的に関連性が深く試験的にも重複しているので同一順位としました。
ダブルでの資格取得をお勧めします。これから最も人気の出る資格と予想されます。

ファイナンシャルプランナーは、財務会計系の資格と思われているようですが、不動産業界にも深い関連性があります
住宅ローンや資産運用など活躍の場面は多くなってきています。不動産に強いファイナンシャルプランナーを目指しましょう。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、壁紙や床材、カーテンから照明器具、キッチンデザイン、家具まで住まいに関するすべての空間を演出する専門家です。
豊かな生活を実現するためのトータルアドバイザーです。

福祉住環境コーディネーター

本格的な高齢者社会の到来により、高齢者にやさしい住まい作りが求められています。
福祉住環境コーディネーターは、高齢者に合った住環境整備をコーディネートすることにより、安全な住みやすさを実現します。


お家でも資格取得!おすすめの【オンライン講座】ランキング!



お家にいても資格取得は可能です。スクールに通うだけが資格取得のための学習ではありません。お家で好きな時間に好きなペースで進められるのが自宅学習の最大のメリット

ここでは、お家でラクに効率よく資格取得のための学習ができる【オンライン講座】をランキング形式で紹介しています。あなたの取得したい資格と生活ペースなどを考慮して、最適なオンライン講座を選択してみてください。

きっと合格を栄冠を勝ち取ることができるでしょう!


フォーサイト
テレビCMでも知られているフォーサイトは、試験合格に焦点を当てた教材で時間と労力を最大限に節約。ほとんどの講座で、全国平均を大きく上回る合格率を輩出しています。比較的価格がリーズナブルなのも多くの受講生から支持されている要因となっています。なるべく費用をかけないで短期での合格を目指す人におすすめの講座です!

>フォーサイト公式サイトはこちら!
エル・エ―
エル・エ―は通信専門の資格学校。テキストだけでなく問題集から講義DVDまでひとつのパッケージとして効率学習が可能。自宅で生の講義を受けているという感覚で学習できます。受講料が最大で半額も返金される「合格祝賀返金制度」も好評!通信講座が初めての人も、一度挫折した人も共に満足がいく資格講座です。

>エル・エー公式サイトはこちら!
オンスク.JP
オンスク.JPは、様々な資格学習が980円でウケホーダイ!いつでもどこでも学習できるオンラインの資格学習システムです。月額980円で18講座の学習コンテンツが利用可能。マルチデバイス対応で、スマホやPCでどこでも学習が可能。効率面重視で資格を取得したい人におすすめです!

>オンスク.JP公式サイトはこちら!