中高年からの資格取得

諦めるのはまだ早い!中高年からの資格選び

時間も費用も能力も限られている中高年は
資格選びに気をつけましょう。

 

容易に取れて、
かつ高収入が見込める資格を選ばなくてはなりません。

 

そんな資格の選び方や活かし方、学習の方法を書いています。
まだまだ人生諦めるわけにはいきません。
これからの可能性に賭けて、悔いのない人生を送りましょう。

まだまだイケるぞー!中高年からの資格選びと活かし方!記事一覧

そこそこ評価されている資格なら資格手当が貰えます。その金額もまちまちですが、大体の相場というものはあります。ここでは不動産関連の資格を取りあげてみます。宅建主任者は2〜3万円くらいの手当が多いみたいです。年間で20数万から30数万円になりますから悪い金額ではないでしょう。マンション管理士も宅建と同じような金額です。ですがマンション管理士はこれからのニーズがとても高いので資格手当は上がっていくことが...

資格を取ろうとする際に気になるのが合格率です。あまりにも合格率が低いと躊躇してしまいますよね。ですが、この合格率というのが曲者なんです。例えば、宅建の合格率は例年、15〜17%くらいで推移しています。100人受けたら10人から20人の間しか受からないのです。これを競争率が高いのか低いのか、人によって意見が分かれますが合格率の高低だけで難しいとか判断してはいけません。なぜなら、受験者全員が本気で勉強...

年収が高い資格とは、難易度が高く保持者が少ない資格です。そして、その資格保持者だけしか出来ない専門性がある資格です。分かりやすい例として、医師や弁護士ですね。医師や弁護士なら社会的地位も高く、収入も一般より高くなっています。しかし、このサイトでは40代からの資格取得をテーマにしています。リストラや再就職の役立つ資格の選び方や学習の仕方を説明したのもです。40代ともなれば、時間や費用もありませんしそ...

数ある資格の中から、役に立つ資格を選ぶ際の最低限注意しなければならない点を3つほどあげます。就業している、しようとしている仕事に関する資格を取ること。就きたい仕事に関係がない資格を選んではいけません。全くもって時間の無駄であり知識の無駄使いでもあります。必ず仕事に関連する資格を選ぶようにしましょう。簡単すぎず難しすぎずの資格簡単に取れる資格では役に立つことはないでしょう。誰でもが取れることになり、...

とにかく高収入がいい、そう思っているのでしたらやっぱり宅建でしょうね。宅建はあまりにも有名な資格なので、知らない人は少ないと思いますが、高い収入を得たい人には一番のお勧めの資格になります。なぜ、宅建が高収入なのか?じつは宅建は不動産の営業と兼ねて業務にあたります。不動産の売買や賃貸の業務全般に就き、その売上げ手数料から歩合給として給料とは別途もらえる仕組みになっているのです。もちろん、大手では固定...

資格を取る時は、その目的をハッキリしましょう。何故、その資格を取るのか?そう考えると資格は先に選ぶものではなく、どんな職業に就きたいのかを決めて、その仕事に必要な資格を取るという順番になります。つまり、資格選び→仕事を決めるではなく、仕事を選ぶ→資格を選ぶ順になります。そうすれば無駄な勉強をすることもなく、意欲も持ってその仕事に就けることでしょう。資格マニアでもない限り、幾つも資格を持っていても殆...

資格スクールや通信講座などが人気の資格ランキングを発表していますね。就職や転職に有利になるということで盛んに宣伝しています。中には、この資格さえ持っていれば大丈夫と万能の武器みたいに言っていますが殆んど役に立たないものも少なくないようです。例えば、某資格スクールの女性向け人気資格第一位の調剤薬局事務。確かに調剤薬局事務はたいへん価値のある重要な仕事です。しかし、この仕事がどれほどの求人があるのかを...

資格の勉強は毎日コツコツと地味にやっていかねばなりません。他人が遊んでいる時に勉強しなければならないので途中で嫌になってしまうこともあります。実際に途中で挫折して資格を取ることを諦めてしまう人も大勢います。こういう場合どうすればいいのか?根性論だけでは続けられないこともありますよね。そういう時は、その資格に合格した時のことやその資格で活躍している時をイメージするのです。試験に合格して、みんなに祝福...

転職すると年収は下がるのは当然。そんな風潮が出回っています。だから転職はすべきではない と。しかし、この見方は間違っています。無計画に行き当たりばったりと転職するから、こういうことになるのです。では、どうしたら転職しても年収を上げることができるのか?答えは明朗で簡単。業績好調な業界へ転職することです。そんなのは当たり前じゃないか。そう言われることでしょう。いえいえ、殆んどの人がこんな簡単で当たり前...

リストラは年収減が当たり前。3分の1とか、ひどいのは半分以下に。こんなことが言われて久しいですが、行き当たりばったりの転職では大幅な収入減になってしまいます。就業できる仕事も限られてしまいますし、なにより誰でもが出来る仕事だったら低収入は当然です。そこでオススメなのが資格の取得です。資格を取得していればその他大勢の求職者より一歩抜きん出ることができるし、収入減も抑えることができます。ではどんな資格...

資格を取るなら履歴書に書ける資格を選びましょう。履歴書に書ける資格とは、ずはり国家資格です。講習を受けたら貰える資格やお金を出せば貰える資格を取っても無駄です。民間の資格もオススメ出来ません。国家資格は国が認めた資格です。それにある程度は勉強しなければならないのも国家資格です。企業側も国家資格を持っている人を求めています。資格なら何でもいいという考えは失敗します。貴方が選ぼうとしている資格は国家資...

50歳も過ぎた人がハローワークにいっても無駄と思います。確かにハローワークの求人に年齢制限は設けていません。しかし、その実態は50歳も過ぎている人には皆無といってもいいでしょう。もちろん、企業の求める経験や知識があれば採用の可能性はあります。でも殆どの求職者は、人より優れたものなど持ち合わせていないのが実情でしょう。人に誇れるものが何もない中高年など欲しがる企業があるでしょうか。これは、自分が採用...

ハローワークには独特の雰囲気が漂っています。負のオーラというか一種のジメジメした暗い雰囲気があるのです。50歳も過ぎた中高年は根城とも取れるように毎日通い詰めている人もいます。毎日通い詰めたところで仕事が見つかる筈もなく、ただ奇跡を狙うごとく求人のディスプレイを見つめているのです。こういう雰囲気が負のオーラを醸し出しているのかもしれませんね。見つかりもしない仕事を見つけるためにハローワークに通うの...

資格を取得するなら食いっぱぐれのない資格を選びましょう。では、どういう資格が食いっぱぐれがないか?いちばん簡単な判断方法は時代の流れに沿っているかどうかです。たとへば不動産関連の資格なら今は求人が多数あります。3〜4年前とは比べものにならないほどの多くの募集案件が見受けられます。宅建士やマン管、管業などの資格保持者を募集している会社がたくさんあるわけです。また、不動産関連資格は比較的年齢制限がゆる...

稼げる資格とはどんな資格か?それはズバリ営業が絡んだ資格ですね。今の時代はどんな難しい資格を持っていても営業は欠かせません。たとへば弁護士さん。「自分は弁護士資格を持っているのだから」とふんぞり返っていると食べていけなくなります。ちょっと前に話題になった貧困弁護士なども資格だけでは食べていけないという証拠です。どんな資格を持っていても営業活動は欠かせないのです。そこでお勧めなのが宅建士です。ふつう...