リストラへの備え

リストラに対処する方法や考え方を知っておこう!

誰もがリストラにあう時代です。
一生、安泰として勤めることができる時代は終わりました。

 

いついかなる時にもリストラに備えて準備をしとくべきです。
「自分だけは大丈夫」などと決して思わないほうがいいです。

 

すごく優秀な人がいとも簡単にリストラの対象になっているという現実がそこにあります。
「今そこにある危機」に備え、その対処の仕方や考え方を知っておきましょう。

リストラに対処する方法や考え方記事一覧

もし、旦那さんがリストラされたら、奥さんはどうしますか?1.とっとと仕事を探せとハッパをかける2.リストラされるような無能者とはさっさと別れる3.労わったあげて、落ち込んでいたら慰めてやる4.私に任せなさいと働きに出る5.勇気づける人それぞれ価値観が違いますし、経済状況によっても対処法が違ってくると思います。「可哀そうに」とやさしく見守る奥さんがいる一方、「このまぬけが」と蔑む奥さんもいることでし...

リストラの対象になるのは、主に中高年です。中高年は給料が高く、企業にとって大いに負担になるからです。景気が良ければ、それでも何とかなりましたが、いったん不景気にでもなれば会社は人件費を減らそうとして、給料が高い中高年に狙いを定めるのです。会社も生き残らねばならないですからね。でも、よくよく考えてみれば「景気が悪い」のは経営者の責任でもありますよね。経営方針が間違っていたから景気が悪くなり、リストラ...

リストラされた途端に離婚された、信じられない話しですが現実にはよくある話し。会社からリストラされたのみならず、奥さんからもリストラされたのですね。リストラは人生で最大級の窮地に陥ったのも同然、その衝撃とか嘆きは想像以上のことと思います。しかし、その人生最大の窮地にも関わらず、見捨てるごとく離婚するなんて全くもって酷い話し。倒れて死にそうな人間を足蹴にして逃げ去るようなものですね。夫婦というのは、本...

リストラされると精神的にショックを受けてしまい、何にもする気が起こらないなんてこともあるでしょう。一日中、家でゴロゴロ。一家の大黒柱が一転、邪魔者扱いに。分からないわけではないですが、ぐうたらは絶対にいけません。ぐうたらは益々ぐうたらを呼び寄せます。やがては職探しも億劫になり、生活さえもままならなくなってしまいます。近所の目もあるので、とにかく外へ出ることをお勧めします。脳は刺激がないと衰えてきま...

ハローワークでの求人は、年齢制限を設けていないで中高年でも応募できるようになっています。これは、男女雇用均等法によって、性別とか年齢を指定して求人してはいけないことになっているからです。では、実際には年齢条件はどうなっているのか?じつは、求人側はこの位の年齢までという条件を予め決めていて、条件に合わない時はハローワーク側での相談時に断るようになっているのです。ハローワークとしては、誰であっても一応...

今、ちょっとした話題になっているようです。中高年の失業者が図書館に入り浸って他の利用者に迷惑をかけているということです。何の目的もなく、ただの時間つぶしで行っているのでしたら即刻止めにしましょう。資格を取るために勉強しに行くとか、再就職に役立つ知識を得るなどの目的があるのでしたら大いに利用させてもらってもいいと思います。ただ行く所がないとか、家に居られないとかの理由でしたら行くべきではありません。...

通常、リストラの対象者は中高年です。その中高年のすべての人が再就職を成功させているわけではありません。希望する職に就けなく、バイトや派遣などの意に反する仕事で食いつないでいる人もたくさんいます。バイトや派遣でも仕事をしているだけましの部類です。なかには、抜け殻のように廃人同然となって、家族の厄介者になっている人がいるのも事実です。リストラのショックで気力も失ってしまうのでしょうね。じつは、中高年世...

リストラされるのはどんな人なのか?一般的には、「仕事ができない人」がその対象になると言われています。確かに今まではそういう人がリストラされていました。しかし、現在はどうやら違ってきているようです。なぜなら、最近話題になっている大手企業の(追出し部屋)。追出し部屋とは、リストラの候補を一つの部署に集め、何の仕事も与えなかったり、反対に無理難題の仕事を押し付けて、自ら退職するように追い込むものです。こ...

仕事探しに利用する情報源は、ハローワークが一般的ですね。中高年でも同じことですが、比較的中高年の求人が多いのが新聞の求人欄や折り込み広告です。ネットでの求人情報も豊富にありますが、どちらかというと若者向きですね。求人情報誌もありますが、折り込み広告の求人と被っていることが多く、情報の新鮮さではやや劣るかもしれません。ですので、中高年の仕事探しは新聞と折り込み広告を中心にして探すようにしましょう。一...

リストラされ離婚される前に資格を取っておきましょう。まあ、リストラだけが原因で離婚になるのも問題ですが資格を取っておけば、いざという時にはきっと役に立つことでしょう。時に中高年にとってはリストラは死活問題です。再就職といってもそう簡単にはいきませんからね。再就職が出来なければ収入も途絶えて生活することが出来ません。最悪の場合は離婚ということにもなってしまいます。そこでおススメなのが不動産系の資格で...

40代からは資格を取得しても無駄なのか?結論から先に言わせてもらいます。まったく無駄なんてことはありません。どうしてこういう意見があるのか理解が出来ませんが資格も取らずに何の準備もせずに再就職しようとしても不利になるのは誰だって分かります。資格も取っておらず、何の特技もない者を企業が雇ってくれるはずがありません。まだ、20〜30代の若いうちならそれでも良いでしょう。数当たれば若さだけで採用になるか...

資格を取るときには、その資格が再就職に有利かどうかを考えましょう。せっかく苦労して取った資格なのに再就職出来なければ悲惨ですからね。では、再就職に有利な資格とはどんな資格なのか?一番現実的な方法は求人数がどれほどあるかということです。求人誌や求人サイトを見て、その資格に関連した求人がどれほどあるかで決めることです。例えば、人気資格の一つに医療事務や調剤薬局事務があります。これらの資格は女性に人気が...

比較的中高年でも就きやすい仕事に交通整理があります。なかなか就職口が見つからない場合、就いてみようと考える人もいることでしょう。しかし、交通整理の仕事は結構厳しい面があります。通行者の安全面はもちろん、現場の作業員への気配りも怠ることはできません。現場の作業員は職人気質の人が多いです。もたもたしていると罵倒されることもありますし、ミスが重なると簡単にクビになることも予想されます。代わりはいくらでも...

新聞によりますと今年になってシャープの退職者が3,000人を超えたそうです。2012年にも希望退職で約3000人が会社を去りました。問題は退職者のその後です。約2割の600人もの人が1年以内に新たな仕事に就くことができなかったそうです。つまり無職で無収入の期間が1年以上続いているのです。1年も無職でいれば生活が相当苦しくなっているはずです。住宅ローンを抱えている人もたくさんいることでしょう。年代的...

50代からの仕事は業務委託も検討してみましょう。業務委託とは請負いで仕事をすることです。資金が用意できる人はチェーン店などに加盟してもいいですね。個人事業となるので定年はないし健康でさえいれば一生働くことができます。もうリストラにビクビクすることはありません。ご自分が経営者だからです。ムリして就職しても、すぐにリストラになって無職になる可能性だってあるわけです。アルバイトみたいな給料で生活していか...