40代からは資格は無駄?

40代からは資格を取っても無駄なのか?

40代からは資格を取得しても無駄なのか?
結論から先に言わせてもらいます。

 

 

まったく無駄なんてことはありません。
どうしてこういう意見があるのか理解が出来ませんが
資格も取らずに何の準備もせずに再就職しようとしても
不利になるのは誰だって分かります。

 

 

資格も取っておらず、何の特技もない者を企業が雇ってくれるはずがありません。
まだ、20〜30代の若いうちならそれでも良いでしょう。
数当たれば若さだけで採用になるかもしれません。

 

 

しかし、40代も過ぎたいいおじさんが「何にも出来ません。
資格もありません。でも雇ってください」と言っても
何処も相手にはしてくれないでしょう。

 

 

それこそ100社面接しても無理でしょうね。

 

 

でも、40代、50代でも資格を取っていれば、
「何もない」人よりかは格段に有利になるはずです。

 

 

学歴とか年齢などの諸条件が同じ人の中で、
1人だけ資格を持っていたとしたら間違いなく
資格保持者を採用することでしょう。

 

 

また、資格はそれなりの努力をしなければ持つことは出来ません。
その努力という姿勢を評価してくれる企業もあります。

 

 

たとえ、未経験だとしても「努力した姿勢」を評価してくれるのです。
その努力した姿勢は会社でも役に立つと思われるのです。

 

 

以上のように資格を取っても無駄になるなんてことは
決してありませんので安心してください。

 

 

そして、あれこれ悩んでいる暇があったら、とっとと学習を始めることです。
不動産資格の人気no.1宅建士は10月が試験日です。
あっと言う間に10月なんて来てしまいますよ。

 

早速、明日からでも学習を始めるべきです。

 

ずばり40代からの不動産系資格ベスト5はコレ!


宅地建物取引士は、3つの独占業務を持つ不動産取引のスペシャリストで
不動産系の代表的資格です。
毎年20万人もの人が受験する国家資格最大級の人気資格でもあります。
不動産業界に携わる人には必須の資格と言えるでしょう。

マンション管理士と管理業務主任者は業務的に関連性が深く試験的にも重複しているので同一順位としました。
ダブルでの資格取得をお勧めします。これから最も人気の出る資格と予想されます。

ファイナンシャルプランナーは、財務会計系の資格と思われているようですが、不動産業界にも深い関連性があります
住宅ローンや資産運用など活躍の場面は多くなってきています。不動産に強いファイナンシャルプランナーを目指しましょう。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、壁紙や床材、カーテンから照明器具、キッチンデザイン、家具まで住まいに関するすべての空間を演出する専門家です。
豊かな生活を実現するためのトータルアドバイザーです。

福祉住環境コーディネーター

本格的な高齢者社会の到来により、高齢者にやさしい住まい作りが求められています。
福祉住環境コーディネーターは、高齢者に合った住環境整備をコーディネートすることにより、安全な住みやすさを実現します。


速読法をマスターして学習力を向上させよう

「今さら試験勉強をしたって頭に入らないよ!」
こう思っている人も多いことでしょうね。

40代も過ぎれば誰だって多少は頭は固くなっているものです。

私も宅建学習を始めたばかりの頃はなかなか覚えられなくて苦労をしたものです。
どちらかというと他の人よりも時間を多くかけて学習をしていたタイプでした。

でも、仕事や家事で満足に時間を取れる人のほうが少ないことでしょうね。
そんなときに役に立つのが速読法をマスターすることです。

速読法を習得すると記憶力や理解力、集中力が格段にアップします。
その結果、短期間での学習でも合格が可能となります。

「時間が無いけれど資格取得を目指したい」という人には強い味方になることでしょう。

特におススメの速読法は「川村式ジョイント速読術」

「川村式ジョイント速読術」は、任天堂DSソフト「目で右脳を鍛える速読術」で有名な速読の第一人者、川村明宏氏が開発した「速読オンライン講座」です。

1回10分PC画面を見るだけで、読書スピードが格段にアップ。
今ならオンライン講座1ヶ月分が無料プレゼントされます。

「資格を取りたいのはやまやまだけど頭がつけていけるか不安」という人に特におススメしたい速読講座です。


>(能力開発)速読と記憶術なら特許取得の川村式ジョイント速読術|仕事効率も上がる勉強法