宅建士の活かし方

宅地建物取引士資格の実際の活かし方

宅建士の資格を取ったら、即実務に活かしましょう。
試験後、自己採点で合格の可能性があれば、
同じく即活動を始めてください。

 

 

このカテゴリーでは宅建の資格の活かし方、つまり就職転職にどのように活かせばいいのかと実際の実務に役立てる方法を私の経験を交えて説明しています。

 

 

年齢や性別に関係なく活かせるのが宅建士の資格です。
ぜひ、参考にして欲しいと思います。

 


宅地建物取引士の資格の活かし方記事一覧

今年2015年4月から宅地建物取引主任者の称号が宅地建物取引士に変更されます。昨年6月に宅地建物取引業法が改正され、宅地建物取引の専門家として、より一層の職務の向上に努めると共に、国民の利益に資することを期待され制定されることになりました。「士」という称号は、弁護士や税理士のように、その職務についてより高い専門性を求められるものです。宅地建物取引主任者という称号は、どちらかというと一従業者というイ...

40代の主婦の人はどういう資格がいいのだろうか?過去にしていた仕事や得意分野があるなら、それの関連資格がよろしいでしょう。もし、何もなければ宅建をおススメします。宅建は聞いたことがあるでしょうけど、宅地建物取引士といって売買や賃貸の不動産取引になくてはならない資格です。平成27年4月に宅地建物取引主任者から宅地建物取引士と名称が変わりました。今後ますますの重要性が認識されていくのが宅建の資格です。...

40歳を過ぎた人が独立するために資格を取るのなら宅建が一番のおススメです。宅建資格を持っていれば不動産屋として比較的小資本で独立開業が可能になります。開業しないでも不動産会社と業務委託契約を結び企業内独立をすることも可能です。ご存じのように宅建は不動産取引になくてはならない資格です。具体的には、不動産取り引きで必要となる重要事項説明書の口頭での説明と書面のサイン、押印です。また、契約書へのサインと...

宅地建物取引主任者から宅地建物取引士へと名称が変更になりました。この名称変更によって宅建試験は難しくなるのか?これから受験される人は気になることと思います。こればかりは実際に試験が行われてみなければ分からないのですが、予想としては通年と変わらないと思われます。何故なら宅建資格者には法定設置数の決まりがあるからです。法定設置数とは、宅建業者は従業者5人に1人あたりの宅建資格保持者を置かなければならな...

今年、平成27年は第1回目の宅地建物取引士試験が実施されます。宅建試験の実施機関である不動産適性取引推進機構からその概要が公表されました。試験日: 10月18日 日曜日時間 :13〜15時受験申込み: インターネット 7月1日〜15日、 郵送受付 7月1日〜31日試験案内配布 :7月1日〜31日配布場所 : 6月1日以降にHPに掲載受験料: 7000円合格発表 :12月2日以上、概要ですが詳細は...