40代主婦向け資格は宅建

40代の主婦向け資格は宅建です!

shikaku

 

40代の主婦の人はどういう資格がいいのだろうか?
過去にしていた仕事や得意分野があるなら、それの関連資格がよろしいでしょう。
もし、何もなければ宅建をおススメします。


 

宅建は聞いたことがあるでしょうけど、宅地建物取引士といって
売買や賃貸の不動産取引になくてはならない資格です。

 

 

平成27年4月に宅地建物取引主任者から宅地建物取引士と名称が変わりました。
今後ますますの重要性が認識されていくのが宅建の資格です。

 

 

比較的、簡単に取れるのも人気の秘密です。
全くの未経験の人でも6ヶ月間普通に勉強すれば合格できます。

 

 

合格後の研修を受けなければなりませんが、
スクーリングは2日間だけで、他は通信で受けられますので、そんなには負担になりません。

 

毎年20万人もの人が受験する人気NO.1資格でやりがいと安定した収入を確保しましょう。

 

 

でも、未経験では通用しないのでは?

 

ぜんぜん大丈夫。
そもそも宅建士の仕事なんて誰でもできる簡単なものです。
2〜3回先輩に同行すれば、すぐに一人でも出来るでしょう。

 

 

また、宅建業者(不動産業者)は一定数の宅建士を置かなければなりませんが、
不足している業者もけっこういるのが実情です。

 

 

営業マンはいるけど、宅建士は少ないのが現状なのです。
重要事項説明書を読むだけという勤務形態も可能ですので家事と両立することもできます。

 

 

まさに主婦向けの仕事ですね。

 

 

たくさん稼ぎたければ営業も兼ねて働くことです。
不動産営業は歩合給が加算されるのが一般的です。
ふつうのパート収入より遥かに稼げることでしょう。

 

 

まだまだ頭も体も機転が効く40代の主婦が「何の資格がいいのか?」
と思っているのなら迷わず宅建の資格を取るべきです。

 

 

 

shikaku

 

女性に人気の通信講座があります。
それはフォーサイト。

 

主婦業と両立させながら多くの女性が資格取得に挑戦されています。

 

 

フォーサイトは通信教育の専門校として、5万人もの受講生数を輩出している
国内でもトップクラスの資格スクールです。

 

 

無理なく自分のペースで進められるのも特徴です。
価格もリーズナブルなので主婦の人でも受講しやすい内容となっています。

 

 

10月の試験に向けて今から少しづつでも取り掛かりましょう。

 

 

資格取得

 

>口コミで人気!高合格率の宅建通信講座はフォーサイト

 


宅建を効率よく合格する方法!

宅建を効率よく合格するには過去問を解くことです。

 

これはスクールに行っても通信を受けても独学でも同じこと。

 

いずれの場合でも過去問を解くことで効率よく合格できます。

 

この過去問は繰り返して行うことが必要です。
ただただひたすらに繰り返し解いていってください。

 

 

何回も何回も飽きることなく、これでもかというほど解くことです。

 

これで必ず合格できます。

 

 

宅建試験はやるべきことをやっていれば必ず合格できるレベルのものです。

 

 

他の法律系資格みたいに難解なものではありませんし、経験も問われることはありません。
未経験でも法律系の学部を出ていなくても合格できる類いのものです。

 

 

年齢も性別も関係ありません。
数十年間も勉強をしていなくてもやるべきことをやっていれば合格できるものです。

 

 

宅建試験は、同じような設問が毎年繰り返し出題されています。
問いかけや言い回しを変えているだけです。

 

 

私が宅建試験を受けた時にすぐさま感じたことが「同じだ」ということです。

 

過去問と全く同じだと感じたのです。

 

もちろん、全然理解できない設問もありました。
ですが、宅建業法をはじめ他の分野の大部分が過去問の延長線上にあるという感じです。

 

過去問を完全に理解していれば、ほとんどの設問を解くことができます。

 

もし、解らない設問だったら常識で考えてみると解くことができます。

 

自分が不動産取引のお客の立場であったらどうするか?
自分が営業マンの立場であったらどうするか?と考えると答えが見えてきます。

 

このことから宅建試験の合格の秘策は?と聞かれたら

  • 過去問を完璧にこなす
  • 解らない設問は常識で解く

 

この2点を守ってさえいれば合格の栄冠は確実なものとなります。

 

15%の合格率に惑わされることはありません。

 

 

不合格者のほとんどは勉強のやり方が間違っているのです。
過去問の学習が足りないのです。

 

 

いくらテキストを読み込んでも合格レベルにはなりません。
宅建試験合否のカギは過去問にあります。

 

 

特に試験日3ヶ月前からは過去問学習だけに絞ることが必要です。
それほど過去問学習は大事ということですね。

 


ずばり40代からの不動産系資格ベスト5はコレ!


宅地建物取引士は、3つの独占業務を持つ不動産取引のスペシャリストで
不動産系の代表的資格です。
毎年20万人もの人が受験する国家資格最大級の人気資格でもあります。
不動産業界に携わる人には必須の資格と言えるでしょう。

マンション管理士と管理業務主任者は業務的に関連性が深く試験的にも重複しているので同一順位としました。
ダブルでの資格取得をお勧めします。これから最も人気の出る資格と予想されます。

ファイナンシャルプランナーは、財務会計系の資格と思われているようですが、不動産業界にも深い関連性があります
住宅ローンや資産運用など活躍の場面は多くなってきています。不動産に強いファイナンシャルプランナーを目指しましょう。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、壁紙や床材、カーテンから照明器具、キッチンデザイン、家具まで住まいに関するすべての空間を演出する専門家です。
豊かな生活を実現するためのトータルアドバイザーです。

福祉住環境コーディネーター

本格的な高齢者社会の到来により、高齢者にやさしい住まい作りが求められています。
福祉住環境コーディネーターは、高齢者に合った住環境整備をコーディネートすることにより、安全な住みやすさを実現します。


速読法をマスターして学習力を向上させよう

「今さら試験勉強をしたって頭に入らないよ!」
こう思っている人も多いことでしょうね。

40代も過ぎれば誰だって多少は頭は固くなっているものです。

私も宅建学習を始めたばかりの頃はなかなか覚えられなくて苦労をしたものです。
どちらかというと他の人よりも時間を多くかけて学習をしていたタイプでした。

でも、仕事や家事で満足に時間を取れる人のほうが少ないことでしょうね。
そんなときに役に立つのが速読法をマスターすることです。

速読法を習得すると記憶力や理解力、集中力が格段にアップします。
その結果、短期間での学習でも合格が可能となります。

「時間が無いけれど資格取得を目指したい」という人には強い味方になることでしょう。

特におススメの速読法は「川村式ジョイント速読術」

「川村式ジョイント速読術」は、任天堂DSソフト「目で右脳を鍛える速読術」で有名な速読の第一人者、川村明宏氏が開発した「速読オンライン講座」です。

1回10分PC画面を見るだけで、読書スピードが格段にアップ。
今ならオンライン講座1ヶ月分が無料プレゼントされます。

「資格を取りたいのはやまやまだけど頭がつけていけるか不安」という人に特におススメしたい速読講座です。


>(能力開発)速読と記憶術なら特許取得の川村式ジョイント速読術|仕事効率も上がる勉強法