40代からの資格取得 宅建士

40代からの資格取得お勧めNO.1/宅地建物取引士!

宅地建物取引士とは?

 

宅地建物取引士は、土地や建物の不動産取引において
なくてなならない重要な業務を担っています。

 

具体的には、売買契約書の記名と押印、
また契約前に行われる重要事項の説明とその書類への記名、押印です。

 

  • 売買契約書の記名と押印
  • 重要事項の説明
  • 重要事項説明書への記名押印

 

この3つの業務は、宅建士の独占業務とされており、
宅建の資格がない者は行なうことができません。
不動産取引の最も重要な事項の中核を担っているわけです。

 

 

反面、その責任はとても重いことになります。
嘘の説明をして契約に至ったりしたら、監督処分の対象になり
資格の停止や取り消しの処分になってしまいます。

 

 

一般に不動産の取引は巨額になります。数千万の取引なんて当たり前の世界です。
多くの消費者にとっては、一生の一度の買物になることでしょう。

 

 

その生涯に一度だけの高額な買物を消費者保護の観点から
公正な取引を確保するという社会的にも大変重い役割を担うのです。

 

 

その分、遣り甲斐は大きいです。
消費者からの信頼も厚く、不動産業界で生きていくには必須の資格となります。

 

 

宅地建物取引士のメリット

 

宅建業者(不動産業者)は、宅建資格保持者を
従業者5名につき、1人以上の割合で置かなければならないとされています。

 

 

パートやアルバイトではいけません。
常時勤務できる専任の取引士でなければいけないのです。

 

 

もし、欠員が出たら2週間以内に補充しなければなりません。
出来なければ業務停止などの重い処分を受けます。

 

 

ですから、どこの業者でも予め多めに取引士を確保しています。
このことは、宅建資格保持者にとっては大きなメリットです。
雇用のチャンスが広がるということになりますからね。

 

 

雇用側からすれば、経験者が欲しいのどうのと言えないのです。
中小の不動産屋ではいつも足らない所もあります。
中には、欠員があるのに隠している所もありますからね。

 

未経験でも宅建を持っているなら断然有利なのがこの資格の特徴です。

 

 

宅建士のニーズ

 

宅建士の活躍の場は主に不動産業です。
しかし、他の業界でもニーズがあります。

 

 

例えば、金融業や保険業です。
不動産への融資や担保評価などの業務で不動産の知識が必要です。

 

 

あまり知られていないのが小売業です。
小売業では、多店舗展開しているお店も多いです。
飲食店やコンビニ、被服店や家具店、スーパーマーケット、ドラッグストアなど。
数えれば切りがありません。

 

 

新たにお店を出店するとなれば、候補地の土地や家屋について調査をしなければいけません。
不動産には、いろんな規制があって何処でも自由に出店できるわけではないですからね。
綿密な調査が必要となってきます。

 

 

そこで、不動産の専門的知識がある宅建士が必要となってくるのです。
このように宅建士のニーズはさまざまな業種にも及んでいるのです。

 

 

こんな融通の効く資格なんて他にありますか?
再就職を狙っている人には是非とも取得したい資格になります。

 

 

宅地建物取引士になるには

 

宅建士になるには、宅地建物取引士資格試験に受からなくてはなりません。
宅地建物取引士資格試験は、年齢、性別、経験関係なく誰でも受けることができます。

 

 

レベルもそんなに高くありません。通常6ヶ月も学習すれば受かります。
短い人では3ヶ月ほどで受かる人もいます。

 

 

ただ、全くの素人の人では6ヶ月の学習期間は見ておいたほうがいいでしょう。
6ヶ月もあれば、そんなに苦労することなく、余裕で合格することができます。

 

 

もちろん、一発合格を狙います。
試験日は毎年、10月に開催されます。
年1回しかありませんので、落ちると1年後になってしまうので早めの準備が必要です。

 

 

なお、実務経験がない人は、実務講習を受ける必要があります。
実務講習を修了して初めて宅建士になれるのです。
講習代金がちょっと高めですが、必ず受講するようにしてください。

試験合格→実務講習終了→宅建資格取得

 

これで晴れて宅建士となれます。
そのためには、今すぐに準備に取り掛かってくださいね。

 

 

宅地建物取引士資格試験の学習方法

 

宅建士試験は、けっして難解ではありません。
まじめに取りかかれば誰でも合格できるレベルです。

 

 

一方で、何度受けても落ちてしまうという人がいるもの実情です。
それば学習方法が間違っているのです。
合格のための正しい学習方法を取っていないのです。

 

 

独学の人に多いみたいですね。
確かに宅建は独学でも受かるレベルですが、
間違って学習していたのでは簡単なものも難しくなってしまいます。

 

 

そこで、お勧めの学習方法は通信講座です。
通信講座なら自宅で自分のペースで進められるし、正しい学習の方法も取ることができます。

 

 

学費も安くてすむのが特徴です。
40代からは、高い学費を払うわけにはいきませんし、学習時間も限られています。
自宅で効率よく安価で出来るのが通信講座の特徴です。

おススメの宅建講座はフォーサイト

宅配クリーニング

おススメの宅建講座はフォーサイト。

 

フォーサイトは試験合格に焦点を当てた教材で時間と労力を最大限に節約できます。

 

 

その合格率はなんと63%も。
本試験の平均15%を大きく上回る実績を誇っています。

 

 

テレビCMでも知られているフォーサイトで効率よく最短での合格を目指しましょう。

 

他の通信講座と比べて価格がリーズナブルなのもいいですね。

 

 

宅建

 

>口コミで人気!高合格率の宅建通信講座はフォーサイト

 

 


ずばり40代からの不動産系資格ベスト5はコレ!


宅地建物取引士は、3つの独占業務を持つ不動産取引のスペシャリストで
不動産系の代表的資格です。
毎年20万人もの人が受験する国家資格最大級の人気資格でもあります。
不動産業界に携わる人には必須の資格と言えるでしょう。

マンション管理士と管理業務主任者は業務的に関連性が深く試験的にも重複しているので同一順位としました。
ダブルでの資格取得をお勧めします。これから最も人気の出る資格と予想されます。

ファイナンシャルプランナーは、財務会計系の資格と思われているようですが、不動産業界にも深い関連性があります
住宅ローンや資産運用など活躍の場面は多くなってきています。不動産に強いファイナンシャルプランナーを目指しましょう。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、壁紙や床材、カーテンから照明器具、キッチンデザイン、家具まで住まいに関するすべての空間を演出する専門家です。
豊かな生活を実現するためのトータルアドバイザーです。

福祉住環境コーディネーター

本格的な高齢者社会の到来により、高齢者にやさしい住まい作りが求められています。
福祉住環境コーディネーターは、高齢者に合った住環境整備をコーディネートすることにより、安全な住みやすさを実現します。


速読法をマスターして学習力を向上させよう

「今さら試験勉強をしたって頭に入らないよ!」
こう思っている人も多いことでしょうね。

40代も過ぎれば誰だって多少は頭は固くなっているものです。

私も宅建学習を始めたばかりの頃はなかなか覚えられなくて苦労をしたものです。
どちらかというと他の人よりも時間を多くかけて学習をしていたタイプでした。

でも、仕事や家事で満足に時間を取れる人のほうが少ないことでしょうね。
そんなときに役に立つのが速読法をマスターすることです。

速読法を習得すると記憶力や理解力、集中力が格段にアップします。
その結果、短期間での学習でも合格が可能となります。

「時間が無いけれど資格取得を目指したい」という人には強い味方になることでしょう。

特におススメの速読法は「川村式ジョイント速読術」

「川村式ジョイント速読術」は、任天堂DSソフト「目で右脳を鍛える速読術」で有名な速読の第一人者、川村明宏氏が開発した「速読オンライン講座」です。

1回10分PC画面を見るだけで、読書スピードが格段にアップ。
今ならオンライン講座1ヶ月分が無料プレゼントされます。

「資格を取りたいのはやまやまだけど頭がつけていけるか不安」という人に特におススメしたい速読講座です。


>(能力開発)速読と記憶術なら特許取得の川村式ジョイント速読術|仕事効率も上がる勉強法