40代からの資格はマン管と管業主任者

40代からの資格おススメNO.2は、マン管と管業主任!

マンション管理士と管理業務主任者

 

マンション管理士とは?

 

現在、築30年を超えるマンション数は100万戸以上もあるといわれています。
建物の老朽化が喫緊の課題になっているのです。

 

適切な管理を行わないと、安全性や防災目で、ますます危険な状態に陥りかねません。
大きな社会問題にも発展してしまいます。

 

マンション管理士は、マンション管理適正化法に基づいて創設されたもので、
管理組合に対して適切な管理の方法をアドバイスする国家資格です。

 

 

マンション管理士のメリット

 

マンションストックの増加により、
マンション管理士の活躍の場はますます増えていくことでしょう。

 

建物の老朽化はもちろん、震災時の対策などでも正に時代のニーズにあった資格ですね。

また比較的、中高年齢者向きの資格であるので再就職の機会が増すことが考えられます。

 

近頃では、マスコミでもマンション管理士が度々出ているのを見ますね。
元気なうちは幾つになっても働きたいと思っている人にはお勧めの資格です。

 

 

マンション管理士のニーズ

 

マンション管理士は、マンション管理会社に所属して業務に当たります。
コンサルタントとして独立して活躍することもできます。

 

また、行政からの依頼で助言や指導に当たることも増えてきています。

ますますのマンション増加傾向からマンション管理士の必要性はどんどん増えていくことでしょう。

 

 

マンション管理士になるには?

 

マンション管理士になるには、マンション管理士資格試験に受からなければなりません。
マンション管理士試験は、年齢、性別、経験など関係なく誰でも受けることが出来ます。
40代と50代の合格者が全体の半数近くいることから中高年向きの資格と言えます。

 

合格率は少し低めですが、
信頼のおける講座を受講すれば誰でも合格できるレベルの試験です。
6ヶ月から1年の学習期間を見ておきましょう。

 

なお、管理業務主任者試験と科目が重複しているため、

ダブルでの受験をお勧めします。


管理業務主任者は独占資格です!

管理業務主任者とは?

 

管理業務主任者は、管理組合との契約において、
重要事項説明や契約書交付など所定の手続きを行う専門家のことです。

 

マンション管理士が
管理組合に対して管理の適切なアドバイスを行うものに対して、
管理業務主任者はマンション管理組合と管理委託契約を結ぶ際に
定められた規定の業務を行うものです。

 

つまり、マンションのアドバイス業務は資格がなくても出来ますが、
管理委託契約は管理業務主任者だけしか出来ない独占資格なのです。

 

具体例には、次の4つの独占業務があります。

 

  • 重要事項説明
  • 重要事項説明書への記名押印
  • 契約書の記名押印
  • マンション管理事務の定期的報告

 

管理業務主任者のメリット

 

マンション管理会社は、各事業所に30管理組合に一人以上の割合で
専任の管理業務主任者を置かなければなりません。

 

つまり、マンション管理会社を運営するには、
管理業務主任者がいないと会社そのものが存続出来ないのです。

 

時代の流れによ、りマンション管理会社は、ますます増えていくことでしょう。
これは管理業務主任者の活躍の場もどんどん増えていくということです。

 

 

管理業務主任者のニーズ

 

マンション管理がますます複雑化していくのに伴い、
管理組合はマンション管理会社に管理を委託する例がほとんどです。

 

マンション管理会社は、一定数以上の専任の管理業務主任者を置かなければなりません。
専任とは、正社員のことです。

 

パートやアルバイトなどの臨時雇用者ではだめなのです。
違反すると、管理会社を運営することは出来ません。

 

ですから、管理会社にとって、管理業務主任者の有無は死活問題なのです。
マンション管理は、ますます重要なものとなってくるので当然ニーズも高まってきます。
独占資格である管理業務主任者を是非とも取得してくださいね。

 

 

管理業務主任者になるには?

 

管理業務主任者になるには、管理業務主任者試験に合格しなければなりません。
管理業務主任者試験は、誰でも受けることが出来ます。

 

年齢、性別、学歴、経験など必要ありません。
合格率もマンション管理士よりは低いので、非常に取りやすい資格と思います。

 

できれば、マンション管理士と同時取得を目指してください。
試験内容もほとんど重複しているし試験日程も近くなっています。

 

管理業務主任者とマンション管理士をダブルで取得すれば鬼に金棒です。
活躍の場がグンと広がります。
年齢を重ねても活躍出来るのが、この管理業務主任者の仕事です。

おススメのマン管、管業講座はフォーサイト

資格

 

フォーサイトは試験合格に焦点を当てた教材で時間と労力を最大限に節約できます。

 

 

その合格率はマン管で39%、管業で47%。
全国平均の4.91倍の合格率を誇っています。

 

 

テレビCMでも知られているフォーサイトで効率よく最短での合格を目指しましょう。

 

他の通信講座と比べて価格がリーズナブルなのもいいですね。

 

 

マンション管理士

 

>口コミで人気!マンション管理士講座ならフォーサイト

 

 


ずばり40代からの不動産系資格ベスト5はコレ!


宅地建物取引士は、3つの独占業務を持つ不動産取引のスペシャリストで
不動産系の代表的資格です。
毎年20万人もの人が受験する国家資格最大級の人気資格でもあります。
不動産業界に携わる人には必須の資格と言えるでしょう。

マンション管理士と管理業務主任者は業務的に関連性が深く試験的にも重複しているので同一順位としました。
ダブルでの資格取得をお勧めします。これから最も人気の出る資格と予想されます。

ファイナンシャルプランナーは、財務会計系の資格と思われているようですが、不動産業界にも深い関連性があります
住宅ローンや資産運用など活躍の場面は多くなってきています。不動産に強いファイナンシャルプランナーを目指しましょう。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、壁紙や床材、カーテンから照明器具、キッチンデザイン、家具まで住まいに関するすべての空間を演出する専門家です。
豊かな生活を実現するためのトータルアドバイザーです。

福祉住環境コーディネーター

本格的な高齢者社会の到来により、高齢者にやさしい住まい作りが求められています。
福祉住環境コーディネーターは、高齢者に合った住環境整備をコーディネートすることにより、安全な住みやすさを実現します。


速読法をマスターして学習力を向上させよう

「今さら試験勉強をしたって頭に入らないよ!」
こう思っている人も多いことでしょうね。

40代も過ぎれば誰だって多少は頭は固くなっているものです。

私も宅建学習を始めたばかりの頃はなかなか覚えられなくて苦労をしたものです。
どちらかというと他の人よりも時間を多くかけて学習をしていたタイプでした。

でも、仕事や家事で満足に時間を取れる人のほうが少ないことでしょうね。
そんなときに役に立つのが速読法をマスターすることです。

速読法を習得すると記憶力や理解力、集中力が格段にアップします。
その結果、短期間での学習でも合格が可能となります。

「時間が無いけれど資格取得を目指したい」という人には強い味方になることでしょう。

特におススメの速読法は「川村式ジョイント速読術」

「川村式ジョイント速読術」は、任天堂DSソフト「目で右脳を鍛える速読術」で有名な速読の第一人者、川村明宏氏が開発した「速読オンライン講座」です。

1回10分PC画面を見るだけで、読書スピードが格段にアップ。
今ならオンライン講座1ヶ月分が無料プレゼントされます。

「資格を取りたいのはやまやまだけど頭がつけていけるか不安」という人に特におススメしたい速読講座です。


>(能力開発)速読と記憶術なら特許取得の川村式ジョイント速読術|仕事効率も上がる勉強法